工事完成保証事業

工事完成保証事業の概要

工事完成保証事業とは、工事の着工時から引渡しまでの間に、万が一、施工業者が工事を完遂出 来ない状況に陥った場合、組合及び連合会が責任を持って残りの工事を完成させる保証事業です。 本保証事業は、平成19年8月24日に事業申請し、中小企業等協同組合法に則った事業として スタート致しました。

お申込には長期性能保証事業との組合せが条件となりますが、両者を連続して利用する事で、工事 着工から保証期間満了時まで、お客様に一貫した安心保証の提供が実現可能となります。

保証システムと特長

特長

  1. 時代のニーズに即し、平成19年より始動した新しい保証です。
  2. 組合員の保証債務を組合が保証いたします。
  3. 更に連合会が再保証いたします。
  4. 顧客にとっては安心が倍増されます。
  5. 組合員にとっては信用力が強化されます。
  6. 組合にとっては事業の活性を通じ業界により寄与いたします。
  7. 保証対象工事は勿論、組合員により責任施工いたします。
  8. 工事着工日から完成引渡日までの工事期間中の保証となります。
  9. 完成引渡後の性能を保証する「長期性能保証事業」へのお申込が併せて必要となります。

保証申し込み方法

  1. 工事完成保証の申込み方法につきましては、各地域協同組合事務局又は連合会までお問い合わせください。
  2. 保証契約につきましては、お客様と施工会社(組合員)との間で締結されます。

手続き完了後、以下保証書を発行いたします。

保証書サンプル