連合会概要

連合会概要

名称 全国マスチック事業協同組合連合会
所在地 〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町19番22号 塗装会館
TEL (03)3496-3861
FAX (03)3496-6747

マスチック工法の普及・浸透・発展のために

本連合会は、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州の7地域事業協同組合で組織されている全国団体であり、特許マスチック塗材ローラ工法の責任施工団体として全国唯一の組織であります。定款上の資格者は塗装工事業、左官工事業、防水工事業、又は建築工事業と定められており、組合員様に対しては技能研修を実施し、事業内ライセンスとして施工管理者に対しての「マスチック仕上性能管理士」と技能者に対しての「マスチック仕上士」の資格を認め、マスチック工法を使用した工事の普及・浸透・発展に努めております。

「技能研修制度」や「施工管理体制」等責任施工体制の確立をもとにマスチック塗材ローラ工法の普及に努め、開発当事者の日本住宅公団(現、都市再生機構:UR)は勿論ですが、国土交通省の契約図書である「建築工事共通仕様書」にも古くよりマスチック塗材ローラ工法が採用され、広く公に認識され、建築仕上工法の標準仕様として、たちまち全国に普及していきました。

さらに昭和59年8月、中小企業等協同組合法の改正により、従来の金銭に関する保証だけであった組合の債務保証事業が組合員の事業にまで拡大できることにな り、平成2年1月責任施工の実績が認められ、組合員が施工する工事の性能を顧客に対して長期間に亘って保証する「長期性能保証事業」をスタート。現在全国的に展開しております。平成7年4月、建設省(現・国土交通省)で策定の「建設産業政策大綱」の例題にも取り上げられる等、将来ビジョンとしても時代の先取りとして自負しております。

また、平成19年8月には、組合員の施工する工事(塗装工事・防水工事・その他工事)について、完成引渡しまでを保証する「工事完成保証事業」を始動いたしました。「長期性能保証事業」は完成引渡した後の瑕疵保証ですが、「工事完成保証事業」は、工事着工から竣工までの完成保証であり、両者を組み合わせることで、工事着工から保証期間の満了時まで一貫した安心保証が得られます。

団体概要パンフレット(PDF) 下記画像をクリックするとダウンロードできます。